広島県森林協会ホーム

個人情報について


 平成15年5月に「個人情報の保護に関する法律」が成立し、平成17年4月1日から施行されました。 広島県森林協会も個人情報の適正な取扱いに取り組みます。

(目的)

 この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し、 基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を 明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、 個人の権利利益を保護することを目的とする。


(定義)

 この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう。


(基本理念)

 個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであることにかんがみ、その適正な取扱いが図られなければならない。


(利用目的の特定)

 個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的をできる限り特定しなければならない。


(利用目的による制限)

 あらかじめ本人の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。


(適正な取得)

 偽りその他不正の手段により個人情報を取得してはならない。


(取得に際しての利用目的の通知等)

 個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。


(データ内容の正確性の確保)

 利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めなければならない。


(安全管理措置)

 その取り扱う個人データの漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置を講じなければならない。


(従業者の監督)

 従業者に個人データを取り扱わせるに当たっては、当該個人データの安全管理が図られるよう、当該従業者に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない。


(委託先の監督)

 個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人データの安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない。


(開示)

 本人から、当該本人が識別される保有個人データの開示を求められたときは、本人に対し、政令で定める方法により、遅滞なく、当該保有個人データを開示しなければならない。


(訂正等)

 個人情報取扱事業者は、本人から、当該本人が識別される保有個人データの内容が事実でないという理由によって当該保有個人データの内容の訂正、 追加又は削除を求められた場合には、その内容の訂正等に関して他の法令の規定により特別の手続が定められている場合を除き、 利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、当該保有個人データの内容の訂正等を行わなければならない。


(利用停止等)

 本人から、当該本人が識別される保有個人データが法の規定に違反して取り扱われているという理由又は取得されたものであるという理由によって、 当該保有個人データの利用の停止又は消去を求められた場合であって、その求めに理由があることが判明したときは、違反を是正するために必要な限度で、 遅滞なく、当該保有個人データの利用停止等を行わなければならない。ただし、当該保有個人データの利用停止等に多額の費用を要する場合その他の利用停止等を行うことが困難な場合であって、 本人の権利利益を保護するため必要なこれに代わるべき措置をとるときは、この限りでない。


(苦情の処理)

 個人情報の取扱いに関する苦情の適切かつ迅速な処理に努めなければならない。




広島県森林協会ホーム